快適

脱臭と消毒を行う事により、生活はより快適になる。そうしたことからこれらを行うという事も多い。
人間の多くはにおいに敏感であり、特に悪臭はそれだけで不快になることもある。そして、悪臭に限らず香水や洗剤、食べ物の匂いでも人によっては不快感をあらわにすることがあり、その感度や判断基準には個人差があるとされている。そのため、脱臭を行う場合は可能な限り多くの人に不快感を与えないタイプを選ぶ必要がある。
それに最も適しているのは無香料の純粋な脱臭のみを行うタイプである。炭はこの条件をクリアしているアイテムであり、どのような状況でも利用できる存在となっている。

また、ポピュラーな消毒方法はアルコールスプレーであるが、医療機関などで使用されるほど効果の高いこのアイテムは使用しすぎると指紋を消滅させるほど皮膚を摩耗させることもある為、過度な使用はあまり推奨されていない。
家庭で使用する場合はハンドソープを使用することが推奨されており、近年は子どもが興味を持ち、同時に消毒効果も高いはじめから泡で出てくるタイプが人気が高い。ちなみにこの泡で出るタイプはボトルとソープ両方に工夫が施されて初めて実現するものとなっている。そのため、補充は専用ソープとボトルを使う必要がある。
手を洗った後に使用するタオルも、常に清潔に保っておかなければ消毒の効果が低下してしまう為、注意が必要である。

安全

消毒は日常的に行う事で、病原菌や細菌の侵入を防ぐ効果がある。特に玄関先での消毒スプレーやアルコール除菌、手洗いうがいはシンプルながらも効果の高い方法とされている。
消毒スプレーには脱臭効果があるものも多く、利便性が高いというメリットがある。

生活には少なからず雑菌は存在しており、それらが害をなすほどに膨れ上がる事を防ぐのが消毒の目的となっている。特に季節ごとに発生するインフルエンザなどは悪性のウイルスからなる病気であり、消毒することで防ぐ事が求められる厄介な存在である。ちなみに風邪は夏と冬で発症する原因が異なっており、より悪質なウイルスで発症する夏風邪は完治までに長い時間がかかる。ただし冬よりも発症率が低い。
外出で付着する雑菌だけではなく、生活圏内にも消毒が求められる場所は多い。特に水回りはカビが発生しやすく、また生ごみや生ものといった傷みやすく細菌が発生しやすい存在が多い為、なんらかの対策を取っておくことはもはや必須である。
近年は皿洗い用の洗剤を水に溶かし、そこにまな板や包丁を浸しておくことで消毒が行えることも多く、煮沸などの面倒な作業は必要ではない。ただし、あくまでこれは大人が口にするものに接触している道具に対して言えることであり、赤ん坊などに使用する物はきちんと煮沸する必要がある。
これは、赤ん坊の方が抵抗力が低いことが影響している為である。生まれたばかりの赤ん坊は母親の母乳やミルクから栄養と抵抗力の元となる成分を摂取している段階であり、自分で細菌を防ぐ事が出来ないのである。

また、脱臭も悪臭の元である雑菌を分解する効果がある為、広い分野で考えればこちらも殺菌効果と言える。

生活

生活する上で、脱臭や消毒は欠かせない存在である。これらは外出から帰ってきた時に行われることが多く、靴や服などの装身具と手のひら、喉といった体にまで至る。それによって細菌の増殖を防ぎ、病気や悪臭を予防することができ快適な生活が実現するのである。
その為、日本ではスーパーや薬局、ホームセンターなどあらゆる店舗で脱臭や消毒アイテムが販売されている。近年はネット通販も普及しており、さらにその種類を増やしているのである。

従来の脱臭アイテムとして一般的なのは炭であった。冷蔵庫や下駄箱など細菌が発生しやすい場所に置いておくことで、脱臭と消毒の効果を得られる日本独特のアイテムである。備長炭などが特に効果が高いとして重宝されており、現在もこのタイプは存在している。
近年登場したものとしては光触媒を利用したタイプがある。光触媒とは、端的にいえば太陽光などに含まれている紫外線であり、この存在は物質を分解する効果を持っているのである。光触媒を利用した脱臭、消毒アイテムは多くがスプレーの形をしており、それを吹き付けることで悪臭の元となる存在や細菌を分解するのである。

炭など据え置きタイプのアイテムだけではなく、近年はスプレーを吹き付けるタイプも増えており、これらはどこでも使用できることから人気が高い。多くはスプレーにラベンダーの香りなどの香料を加えており脱臭だけではなく香りを付加する効果もある。香りが不要の場合は無香料タイプも存在している。
こうした利便性の高いアイテムを増やすことで、気軽に消毒ができるようになり病原菌から身を守ることができる為、今後もこうしたアイテムは普及しつづけると言われている。
もちろん、据え置きタイプも継続して使用できる事や、収納ダンスなどに設置して虫食いを防ぐ効果もあることからまだまだ活用できる存在である。